雪見姐さん、ブエノス

    雪見姐さん、ブエノス
    JICA日系社会シニア・ボランティア(出版・就職情報会社からの現職参加)として、アルゼンチンで日本舞踊指導を07年9月までしていた姐さん。任期終了後もブエノスで暮らし、日本舞踊の指導を継続。帰国後日本の歴史や文化、習慣に今まで以上に興味がわいた。アルゼンチンでの生活を思い出しながら、日本の春夏秋冬を綴ってみたい。姐さんのお師匠さまは故水木流東京水木会名誉理事長の水木歌峰先生。名取名水木紅鳳(


    掲載内容更新: 2時間 43分前
     

    雪見姐さん、ブエノス

    やっと近郊のお弟子さんたちにも会えた!うれしい、感謝の一言
       この1週間以上、インターネットが不通でした。モデムの不具合で今日やっと、工事の人が来てくれて開通しました。最初に設置... 続きを読む
    「寒い」連発で大家さんからストーブが届く。黙っていてはダメな社会
      5度以下の気温の中で暖房はなく、シャワーを浴びればお湯から水への急転直下。最初の数週間は、これは水行だな、とまあちゃん... 続きを読む
    ボランティアは活動してこそハッピー。寒さにも耐えられる
      思うように進行しない今回の活動です。でも、何とかお弟子さんたちに喜ばれる活動への見込みが見えてきたので、ホッとしました... 続きを読む
    貧乏は決して恥ではないけれど、お弟子さんにおねだりするのは恥
      アルゼンチンは今日から6月。日に日に寒くなります。街路を埋め尽くした枯れ葉も、冷風に舞いながらどこかに飛んで行ってしま... 続きを読む
    家探しは困難② 足が冷たいのは一人寝のせい? 暖房のチェックも
      シャワーのお湯が急に出なくなったり、停電が起こったり、インターネットが使えなくなったりはこちらでは当たり前。最近ではア... 続きを読む
    日本から小包届かず初めて泣く。日本とは違う生き方、考え方の数々
      ところ変わればすべての暮らし方が変わるのは当たり前です。そして、12年前にはスムーズに運んだ出来事が、時がたてば困難に... 続きを読む
    家探しは困難① ベッドはあっても布団なし。皿はあっても鍋はなし
      ボランティアがホテルに滞在する期間は、スペイン語研修終了後1週間から10日間。その間はホテル代はJICAが負担してくれ... 続きを読む
    日本から持ってきてよかったものは、まずiPhone とお守りと虫メガネと……
      アルゼンチンに来たのは4回目とは言え、3カ月以上も暮らすのは約10年振りです。緊張のしっぱなしと言っても過言ではありま... 続きを読む
    ホテル生活約3週間。キッチン擬(もど)きでボランティアは食事の工夫に
      滞在ホテルは町の中心地、JICA事務所からも近く便利な場所でした。部屋も広くて、12人の長短期シニア、ジュニア(短期の... 続きを読む
    米国入国時に「御用」。腹巻銀行(財布?)が誤解を
      日本を発ちアルゼンチンに来て2週間。スペイン語ではLlegue a la Argentina hace 2 seman... 続きを読む
    JICAボランティアで再びアルゼンチン。ボランティアに必要なことは?
      今、私はアルゼンチン・ブエノスアイレスにいます。JICAボランティアとして2度目の派遣。 成田を発ったのは3月27日の... 続きを読む
    展示とシンポジウム「震災遺産とふくしまの経験」
      今日は6年目の3.11。この日を迎えるにあたって、さまざまな団体が講演会や集会を行ってきました。これからも行っていくで... 続きを読む
    『まあちゃんとゆかいなかぞく』の3部作
      2月に入り、瞬く間に一日が過ぎていきます。カレンダーを見るのが怖いぐらい……。姐さんの家に掲げられたカレンダー、それは... 続きを読む
    67歳厳しい就活を経て得たお仕事を、昨日1月末で退職。最後に踊る
      アッという間に1月は過ぎ、もう2月。昨日の1月末で姐さんはバイト先を依願退職しました。職場は0歳児から3歳児までの保育... 続きを読む
    奥中山から帰京の翌日、「ちいら、ちいら」の新年会
      1月中旬、奥中山から東京に戻った姐さん、帰京の翌日は「ちいら会」の新年会(場所:上野公園内グリーンパーク旦妃楼飯店)で... 続きを読む
    帰京日、奥中山は大雪、大寒波。孫たちは雪と戯れ、吹雪の中で犬の散歩
      昨13日夕、盛岡経由で東京に戻りました。東京から奥中山に来た8日は盛岡にはまったく雪がなく、奥中山では雪はあるものの、... 続きを読む
    家族でディズニーランドへ。まあちゃんは姐さんとお留守番。だれもいない夜に、まあちゃん落ち着かず
      雪国の冬休みはほかの地域よりも1週間ほど長いです。三学期を目前に、れおくん、えい坊、まーやを連れてお父さん、お母さんは... 続きを読む
    正月料理、作り、作られ、食べさせ、食べて、元の木阿弥③ お太鼓の師匠のお宅で新年会
      この回でお正月シリーズは終了します。最後は豪華なおせちが登場です。... 続きを読む
    正月料理、作り、作られ、食べさせ、食べて、元の木阿弥② 大晦日と二日は自宅で新年会
      今年のお正月は東京のお天気と同じように、姐さんも穏やかに過ごせました。いつもは朝酒、昼酒でダラダラ呑んで食べて……、あ... 続きを読む
    正月料理、作り、作られ、食べさせ、食べて、元の木阿弥① 奥中山でお餅つき
      今日は5日。姐さんは昨日が仕事初めでした。仕事の前にスポーツジムに行きましたが、初日から遅刻もないだろうと思い、何もせ... 続きを読む
    穏やかな元旦は「トトロの森」へハイキング
      元旦はお天気に恵まれ、実に穏やかな佳き日でした。夫は大晦日から実家に帰り、姐さんはアルゼンチンで一緒だった友だち夫妻を... 続きを読む
    れおくんとまあちゃんの誕生会② お料理
      誕生会の日は娘が夫とえい坊、まーやを連れて盛岡郊外の鶯宿温泉に行きました。れおくん、まあちゃんは姐さんとお留守番です。... 続きを読む
    れおくんとまあちゃんの誕生会① 恒例の仮装カラオケ大会で爆発
      一年を締めくくる大イベント、と言うより姐さんにとってはこの日のために一年間健康に気を付け、コツコツまじめに(!)生きて... 続きを読む
    日比谷での集会で予期せぬ<紅葉狩り>
      12月の初め、東京に戻ると秒刻みの忙しさでした。週3日夜7時過ぎまでのバイトに追われ、毎日の踊りとお太鼓のお稽古、ジム... 続きを読む
    身がいっぱいのあまーいタラバガニをご相伴(しょうばん)! カニの美味しさにも勝るまあちゃんの笑顔
      昨夜の夕食は足のながーい、ながーいタラバガニでした。水産会社に勤務する婿さんのお友だちからの到来品だそうです。姐さんの... 続きを読む
    奥中山は雪。新雪を踏んで、夜明け前のお散歩
      姐さんが奥中山に着いた日は雪はなく、ホッとしたものです。しかし、数日前から降っては止み、止んでは降るで、とうとう今朝カ... 続きを読む
    まあちゃん、元気で思わず微笑んでしまうほど力持ち
      奥中山のまあちゃんのお家に1カ月と2週間振りに来ました。雪はなくても、骨の髄まで冷え込む寒さです。まあちゃんは風邪を引... 続きを読む
    煮沸(しゃふつ)の効果は凄い! タオルが買ったときのように!
      姐さんはタオルやフキンの臭いが物凄く気になるタイプです。誰でもそうでしょうが。宇都宮の友だちが姐さんの家に泊まりに来た... 続きを読む
    外食・内食。週2日の休肝日から禁酒へ。体重はピーク時から8キロ減
      自慢にはならないけど、姐さんはけっこう酒豪で通ってきました。現職時代は上司が呑んべいだったので、一日の仕事の終わりをア... 続きを読む
    東京藝大で創立130年記念の邦楽の演奏会。巧みな解説にも感銘
      12日土曜日に東京藝術大学の校内にある奏楽堂で、東京藝大創立130年記念の演奏会が行われました。姐さんの太鼓の師匠、藤... 続きを読む
    締太鼓のお稽古。心を無にして撥を上げ下げ
      姐さんが今いちばん楽しい時間は締太鼓のお稽古。お稽古をはじめたきっかけは、アルゼンチンから帰国し日本舞踊だけできても、... 続きを読む
    10月下旬、霜を踏み踏み、奥中山をあとに帰京
      文化祭や学習発表会など、秋は何かと学校行事が多く子どもも親も、先生もたいへんですね。今振り返れば、中学高校の思春期から... 続きを読む
    奥中山で気になっていた場所、<聖徳太子堂>を訪ねる
      姐さんが奥中山に足を運ぶようになって早6年の月日が流れます。この6年間気になっていながら、なかなか行くチャンスがなかっ... 続きを読む
    奥中山の公民館で文化祭。伝統芸能の継承が困難な中、「中山神楽」の力強さに未来を信じて
      深まりゆく秋の奥中山で<奥中山公民館文化祭>が10月16日に開かれました。姐さんはれおくんが独唱で出演する下級生のピア... 続きを読む
    食欲の秋。食は元気の源。まあちゃんも食欲旺盛で、鼻水出しても大病には至らず
      今年の四月から小学校(県立支援学校)に行き始めたまあちゃん。とても手厚い教育環境の中で目に見える成長を遂げています。<... 続きを読む
    まあちゃんもおにいちゃんたちとレストランへ。姐さんはれおくんから大目玉を頂戴した
      10日ほど前の10月5日に奥中山に来ました。まあちゃんに会いたくて。まあちゃんはとても元気に姐さんを迎えてくれました。... 続きを読む
    アニメはきれいだけどプピュアな気持ちがないと……。ドキュメンタリー映画は奥が深い
      夏から秋にかけてけっこう映画館に通いました。「シンゴジラ」「ルドルフとイッパイアッテナ」「君の名は」「パコ・デ・ルシア... 続きを読む
    思わぬサービスやお料理は慰められ、元気もご馳走してくれる
      最近はとんと外で呑;む機会が減ってしまった姐さん。その理由は年金暮らしの経済的なこと、そして呑み友だちが自身の病、親や... 続きを読む
    東京へ戻れば、盆踊り大会、秋の御祭礼が待っていてくださいました!
      東京に戻れば、夫とふたりだけの静かな、のんびりした生活。24時間自由な生活。夫がお煎餅をかむときの<バリバリ>の音のよ... 続きを読む
    初の食べ物、えい坊作<芋餅>。ジャガイモ本来の味がたっぷり。バーベキューは高原の味
      今回の奥中山のあれこれは、これでお終い。最後はやっぱり食べ物のお話です。... 続きを読む
    すっかりお姉さんのまーや。まあちゃんの寝かしつけ、通学のお手伝い……。立派にサポート
      まーやがすっかりお姉さんになって、まあちゃんをサポートする人が家族の中に増えたことは、とても喜ばしいことだと感じていま... 続きを読む
    奥中山の小学生と影絵劇団の公演を見る。まあちゃんも影絵が大好き。笑顔いっぱい!
      今回の奥中山滞在中に影絵のパフォーマンスを鑑賞する貴重な機会に恵まれました。これは文化庁が「文化芸術による子供の育成事... 続きを読む
    奥中山高原の爽やかな風景を引き立てる澄んだ青空とあしらい雲
      奥中山高原は背伸びをすれば、標高500メートルの高原。昔の蒸気機関車は奥中山高原を登り切るのが、腕の見せ所だったような... 続きを読む
    奥中山まあちゃんの家の8万本のヒマワリがやっと満開に。雨に負けず、今年も多くの人の目の保養に
      婿さんがデントコーンの一部をヒマワリ畑にしたのは2013年。今年で4年目になります。年々、8万本の壮大なヒマワリを楽し... 続きを読む
    デントコーンの収穫はこれからだけど、トウモロコシはそろそろ食べ治め
      10日間ほどお世話になった今回の奥中山滞在中は、新鮮なトウモロコシが毎日のように届きました。トウモロコシを使ったお料理... 続きを読む
    奥中山JAの農業祭。岩手牛一頭丸焼きに長蛇の列
      台風の去った土曜日に、JA新いわて奥中山が主催する農業祭がありました。収穫真っ盛りというところですね。産直のテントには... 続きを読む
    台風の翌日奥中山に。奥中山は水害も作物の被害もなく、デントコーン畑をぬって早々散歩
      台風10号が岩手県東部と北海道に甚大な被害をもたらした8月30日の翌日に、姐さんは奥中山に来ました。 1951年の気象... 続きを読む
    孫たちの夏休み⑥ 「カシオペア100キロ4泊5日徒歩の旅」 今年も完歩! やったぁー
      えい坊を東京から岩手に送ってきたのは、実はれおくんの100キロ徒歩の旅のスケジュールに合わせてのことでした。れおくんが... 続きを読む
    孫たちの夏休み⑤ まあちゃんはデイサービスへ、まーやは保育所へ。そして家のプール
      今年の4月、まああちゃんはれおくん、えい坊の通う小学校に隣接した<県立みたけ支援学校奥中山分校>に入学しました。小学校... 続きを読む
    孫たちの夏休み④ 2016年隅田川花火大会。な、なんと寿司屋のオーナー女将をつれて出張サービス
      浅草に住むようになってから毎年楽しみにしているのが、「隅田川花火大会」。「隅田川花火大会」の名称で開催するようになった... 続きを読む
    孫たちの夏休み③ えい坊の4泊5日‥‥持ち前のキャラで和みを提供。でも心はいつも奥中山
      娘の次男、えい坊が上京したのは7月30日の隅田川花火大会の日。お母さん、末っ子のまーやの3人で来ました。お母さんとまー... 続きを読む
    孫たちの夏休み② れおくん単身上京4泊5日‥‥しゃぶしゃぶ食べ放題に満足
      れおくんを知っている人の彼に対する共通する印象は「お手伝いはよくするし、なんでも一生懸命で、きちんとしていて偉いねぇ!... 続きを読む
    孫たちの夏休み① れおくん単身上京4泊5日
      姐さんのブログはずいぶん長く休んでしまいました。バイトで忙しく、帰宅すればクタクタ。お稽古に力を入れ過ぎて、終わればク... 続きを読む
    日本はスゴイ! 浅草の繁華街で忘れた財布が見つかった。ブエノスの思い出の財布
     浅草の雷門あたりの繁華街は今や5人のうち3人が外国人。聞こえてくるのは中国語ばかりで、自分が中国に来ている気さえします。... 続きを読む
    東京から桜の便り、岩手からはまあちゃんの卒園の便り
     三寒四温、寒さのやわらぎと競い合って蕾が膨らんできたと思ったら、上野公園の桜が三分咲き。昨日の祝日には早々と桜のアーチは... 続きを読む
    神坐(いま)す島 対馬・壱岐へ⑤ 古代には権力者がいた?鶏知(けち)へ。心残りは豆酘(つつ)に行けず
     厳原から北に戻るかたちでホテルへの帰路、に立ち寄りました。... 続きを読む
    神坐(いま)す島 対馬・壱岐へ④ 対馬の城下町厳原町へ。宗家の歴史は樹齢1200年の松の年輪に
     美味しいアナゴを食べたあと、姐さんたちは対馬の北部に別れを告げ、次なる目的地とに向かいました。両町は対馬の南部にあたりま... 続きを読む
    えい坊、県内のスキー大会で優勝。れおくん共々全国大会への出場権を
     今朝6時前に娘からメールが届きました。姐さんは早起きで4時半か5時には目が覚めていますから、早朝メールは気にりません。何... 続きを読む
    神坐(いま)す島 対馬・壱岐へ③ 初のヒオウギ貝、生アナゴ…美味、絶品。年中行事の大宴会は風習?
     対馬の神社についての記事は、かなり時間がかかってしまいました。時間がかかった理由は神さまの名前などの固有名詞の確認が思い... 続きを読む
    神坐(いま)す島 対馬・壱岐へ② 島全体が日本神話の世界そのまま
     ツレアイの仕事と費用の関係で長旅はできず、姐さんたちは対馬、壱岐ともに2泊ずつ滞在。それでも老夫婦にとっては贅沢な旅です... 続きを読む
    東京マラソンに後輩が激走。絶叫で応援の姐さん、なぜかアルゼンチンの国旗を手に
     姐さんは対馬と壱岐のブログが気になりつつも2週間ほど、岩手県奥中山に行っていました。まあちゃんが検査入院したからです。検... 続きを読む
    神坐(いま)す島 対馬・壱岐へ① 対馬の平地はたったの10%。残りは山林。集落は入江に点在
     ツレアイの海外出張で貯まったマイレージのおかげで、一度は行ってみたいと思っていた対馬、壱岐行きへのチャンスが新年早々に巡... 続きを読む
    我が家のお正月の風景
     新年明けましておめでとうございます。12月31日から1日日にちをおくっただけですが、1月1日は何か心が改まります。実家に... 続きを読む
    盛岡から深夜バスで帰京。一足先に届いた宅配便。寒い地方ならではの宅配便の使い方とは
     誕生パーティも無事に終わり、例年の並とはとてもいえませんが、雪が深々と降る様子も見ることができた暮れの29日、姐さんは盛... 続きを読む
    クリスマスの日はれおくんとまあちゃんの誕生日② 初の家庭カラオケ。まーやが突然、実力発揮
     12月25日の誕生日当日は、イベント用の隠し玉を披露することなく、結局食事だけで終わりました。早寝早起きが常の姐さんは。... 続きを読む
    クリスマスの日はれおくんとまあちゃんの誕生日① ホームパーティ
     12月25日は、れおくんとまあちゃんの誕生日です。すごいですよね、子どもふたりが同じ誕生日なんて。... 続きを読む
    奈良・京都日帰りお参り② 伏見稲荷大社、東福寺
     樫原神宮を後にして、午後3時ごろ京都に入りました。帰りの新幹線のことが気になり、あちらこちらへ行く余裕はなかったので、ま... 続きを読む
    奈良・京都日帰りお参り① 橿原(かしはら)考古学研究所と橿原神宮
     11月末に奈良と京都に日帰りで行ってきました。現職の時は毎月のように行った時期もありましたが、今回はほぼ1年ぶりの関西で... 続きを読む
    出合えた、定年後の楽しみ! テレック天天。JICA時代のお稽古を思い出しながら……
     定年退職してから、かれこれ丸5年が過ぎました。退職後に何をして過ごすか? 身近の仲間たちは趣味を深めたり、職歴を生かして... 続きを読む
    「まあちゃん寝たから、まーやに食べさせて」
     約2週間の奥中山滞在でしたが、そろそろお暇することにしました。11月初めに来た時のお土産は、手作りのお人形さん用のお布団... 続きを読む
    自分の気持ちを素直に顔に出すまあちゃん
     まあちゃんは百面相です。大人におもねることのないまあちゃんは、自分の気持ちを素直に、ストレートに態度や顔で表します。一日... 続きを読む
    奥中山によく似合う。大きな青空を勢いよく、楽しそうに旋回する飛行機
     奥中山の中心街は国道4号線と県道の交差する辺りにあります。因みに、国道4号線は東京日本橋から青森県庁まで続き、日本でいち... 続きを読む
    雫石から盛岡の医大へ。一月に1度のまあちゃんの診察
     まあちゃんは生まれつき心臓と肺の病、そして聴覚障がいがあります。心臓は生まれて2ヵ月目で手術をしました。細くなった大動脈... 続きを読む
    再び雫石へ②。カラマツ林に佇むアイスクリーム屋さん
     で、お腹も心も満たした姐さんたち4人は、これまた評判のジェラート屋さんに向かいました。空気が乾燥しているし、奥中山もミル... 続きを読む
    再び雫石へ①。道の駅に大興奮、爆買い
     まあちゃんの定期診察で盛岡へ行くという娘に、ちょっと回り道を頼んで以前から行きたかった評判のに行きました。まあちゃんは姐... 続きを読む
    お稽古には限りがなく、満足感もなかなか味わえない。でも稽古の成果が必ずでる芸事
     勉強でも同じでしょうが、芸事にはこれで大丈夫という限りがありません。舞台に出れば、そのときの一舞台でこれまでのお稽古の結... 続きを読む
    日本橋で盛岡・さんさ踊り「サッコラ チョイワ ヤッセ」が響きわたる
     先週のこと、用事があり日本橋に行ったら普段より大勢の人が街頭に出ていた。何かと思いしばらく立っていると軽快な音楽が轟きパ... 続きを読む
    東京に戻って、まず最初に気がつた「異変」
     何だかんだで2か月行ったり来たりで岩手と東京を2度ほど往復して、久しぶり東京に腰を落ち着けた姐さんが、突如目ににしたのは... 続きを読む
    収穫作業が終わり、霜が降り奥中山は冬化粧。晩秋はなく一気に冬へ
     日中の日差しは暖かくても朝晩の気温は零度スレスレで揺れていたここ数週間の中山です。10月はまあちゃんが風邪をひいたとかで... 続きを読む
    娘の嫁ぎ先、中山摺糠(スリヌカ)地区は12歳以下が4年で20%増と『岩手日報』
     娘からこの新聞記事見せたっけ、と渡されたのは今年7月19日付の『岩手日報』。大見出しに「摺糠っ子増えています」、キャッチ... 続きを読む
    秋の恵みキノコ。種類も味も微妙に違い、食べ方いろいろ
     東京でも同じですが、盛岡の居酒屋さんで美味しい肴とお酒の力でお客さん同士の垣根が低くなり、話下手の姐さんではありますが、... 続きを読む
    一夜の贅沢。和モダンな店盛岡「ひで蔵」の粋な料理とお酒に舌鼓
     まあちゃんは盛岡の大学病院で、月に1度持病の肺の検査をしなくてはなりません。レントゲンをとって正常に機能しているかをチェ... 続きを読む
    <あねっこバス>にゆられて紅葉の名所、雫石・玄武温泉へ
     奥中山は秋から冬に季節は移っています。朝晩の気温は2~3度。寒いです。寒くなると恋しくなるのは人肌、ではなく温泉! 収穫... 続きを読む
    奥中山で必ず足を向ける場所。安い、新鮮、美味しい! そして地域に貢献
     盛岡ほど都会的な楽しみは奥中山高原には、もちろんありませんが、姐さんが好きな場所、息抜きできる場所はいくつかあります。場... 続きを読む
    盛岡で必ず足を向ける場所。絶対に裏切られないから
     奥中山にいるあいだに盛岡に1度か2度はに行きます。日帰りのときもあれば、一泊するときもあります。盛岡はコンパクトな都市な... 続きを読む
    まあちゃんもヒマワリを満喫。ヒマワリたちもまあちゃんに微笑み返しで笑顔、笑顔。ダンス、ダンス
     まあちゃんは冬よりも夏のほうが、調子がいいようです。とは言え、酸素を外すとぐったりしてしまう日もあります。その反対に微熱... 続きを読む
    日一日と秋深まる奥中山高原③ 明日の幸せ約束するかのように、茜色に染まるヒマワリ畑
     2時間、3時間散歩していても、人に会うことはほとんどありません。走っている自動車も数えるほどです。でも、収穫作業がはじま... 続きを読む
    日一日と秋深まる奥中山高原② 収穫作業まっただ中
     9月に入ってからの激しい雨が、暑い夏をいっぺんに冷やしてくれたようです。奥中山は実りの秋。収穫の秋。農家さんがいちばん活... 続きを読む
    一日一日と深まる秋の奥中山高原① 散歩しながらえい坊に教わったこと
     東京にいたある日、急にめまいに襲われました。30年来のホームドクターに行くと「めまいの原因ははっきりわからない。その程度... 続きを読む
    「ヒマワリがあるといいね。みんな仲良くなる。つながるね」とえい坊
     シルバーウイークも今日で終わり。連休が始まってから実に多くの人がヒマワリ見学に来てくれました。5日間で延べ200組近くの... 続きを読む
    『岩手日報』の地域欄にヒマワリ、1面は安保法案強行採決の記事。廃案に向けての闘いはこれから
     昨日の『岩手日報』にヒマワリ畑が掲載されました。19面の地域欄の真ん中に大きく、カラーで。盛岡の友人数人から、「もしかし... 続きを読む
    1月浄土へと旅立たれた、恩師水木歌峰先生を偲んで
     ヒマワリ畑を眺めていると、冥土へ旅立ってしまったあの人、この人の姿が大輪のあいだからひょっこり顔を出してくれる気分になり... 続きを読む
    ご無沙汰ブログの復帰。約6万本の向日葵(ヒマワリ)満開(岩手県・中山)
     何年振りかと指を折るのが、怖いほどのご無沙汰です。ブログを更新できなかった理由はいくつかありますが、それは追々言い訳がま... 続きを読む
    新年を目前に賑わう<浅草>…①昭和の初めはモダンな街だった
      アルゼンチンから帰国して昨春までの約2年間、姐さんは浅草に住んでいました。日本有数の繁華街で週末は人、人、人で溢れかえ... 続きを読む
    金田一温泉の<きたぐに旅舘>の岩風呂で、格子戸が艶っぽい(!?)お湯に浸る
      まあちゃんの体調と相談しながら、姐さんは一泊二日の休暇で息抜きしています。 今回は奥中山高原から<いわて銀河鉄道>で、... 続きを読む
    れおくん8歳、まあちゃん4歳の誕生日。ペ・ヨンジュンがお祝いに!?
      昨日のクリスマスはれおくんとまあちゃんの誕生日でした。そして、みんなは忘れているかもしれないけど、姐さんにとっても記念... 続きを読む
    急がば回れ。愛は強し(?)。まあちゃんは快方に向かっています!
      正直、一時はどうなるかと思ったまあちゃん。肺炎で約3週間入院して、退院してから2ヵ月ほどたちました。今でも酸素は外せま... 続きを読む
    ダウン症の子はやきもちを焼かない? 健常児と同じです! まあちゃんとべべちゃんの愉快な日常
      昨日の日記の主人公はえい坊でした。今日はまた、まあちゃんに戻ります。れおくんやえい坊のこと、友人などのことを書くときは... 続きを読む
    将来のことはわからない。でも今は、いたずらも様(さま)になるえい坊
      今回の日記の主役はまあちゃんではなく、まあちゃんのお兄ちゃん、次男のえい坊5歳です。えい坊を一言で言い表すなら、かわい... 続きを読む
    驚きの行動。姐さんとの時間を邪魔されたくないときは、ベビーゲートのドアを閉めちゃうまあちゃん(笑)
      前回マイコプラズマ肺炎で入院したときは、退院後すぐに帰京した姐さんですが、今回は「きっちり治るまで居座ってやろう」と思... 続きを読む
    今度はRSウイルスで入院、退院…④まあちゃん、退院の条件とは?ときには、病院の事情も見え隠れ???
      ベッドから降りて、歩けるほど元気なまあちゃんでもサチュレーションの数値を見ると、とてもとても家で療養とはいきません。家... 続きを読む
    今度はRSウイルスで入院、退院…③3日続きの付き添いのあとは1日お休み。温泉付<二戸シティホテル>へ
      前回同様、今回も付き添い明けは、奥中山の丘の上の家に行かずに病院近くのホテルに泊まりました。今回泊まったホテルは、商店... 続きを読む
    今度はRSウイルスで入院、退院…②狭いベッドにふたりで寝る方法、苦い薬の飲ませ方、任せて!成長も発見
      前回のマイコプラズマ感染の緊急入院のときは、ナースステーションの真ん前の特別室で、心電図やサチュレーションなどの測定結... 続きを読む
    今度はRSウイルスで入院、退院…①「まあちゃん、よくがんばってますねぇ~」看護士さんの言葉に涙
      10月初旬にマイコプラズマ肺炎の重体に陥りながらも、医師団やまわりの人々の愛で一命を取りとめたまあちゃん。しかし、退院... 続きを読む
    まあちゃんが再び入院
      まあちゃんが昨夜から再び県立病院に入院しました。で、姐さんも岩手です。今日から、付添看護になります。また、しばらくパソ... 続きを読む
    母から子へ。娘が遊んでいたお人形で、今はべべちゃんが遊ぶ
      姐さんの娘は1歳から渡米した3歳まで、東京・新宿区の公立保育園にお世話になっていました。娘の担任の保母さんは保育に対す... 続きを読む
    まあちゃんの看病に忙しいお母さんに代わって、大活躍のれおくんとえい坊
      ダウン症の子どもの特長か、まあちゃんが生まれもった性格かわかりませんが、まあちゃんは大きな声で泣きわめくことは少なく、... 続きを読む
    まあちゃん、病魔から脱出…⑤付き添いの姐さんのお風呂は? 近所のホテルや温泉へ
      姐さんは早寝早起きが自分にあった生活パターンです。だから薄情と思われそうですが、奥中山の丘の上の家で過ごすときも、この... 続きを読む
    まあちゃん、病魔から脱出…④退院後の生活。入院中に新たに出来るようになったことを実践
      酸素2~1リットルでサチュレーションが92以上になったので、まあちゃんは県立二戸病院を退院しました。入院中に学習したこ... 続きを読む
    まあちゃん、病魔から脱出…③娘と私、素人医者の判断に今は苦笑
      子どもの容態って、大人がちょっと目を離したすきに急変することがあるのですね。特にまあちゃんのように生まれながらに虚弱で... 続きを読む
    まあちゃん、病魔から脱出…②心不全!? 肝臓肥大!? 再び救急車で県立病院へ。そして入院
      救急車が到着した先は、一戸の小児専門クリニックです。まあちゃんが生まれたときからの主治医、ドクター福先生がが待っていま... 続きを読む
    まあちゃん、病魔から脱出…①救急隊員、医大医師、主治医の連携そして、まあちゃんの頑張りで救われた命
      まあちゃんは無事に退院し、自宅に戻ってきました。感謝、感謝です。 まあちゃんは9月半ばから、風邪ぎみで一戸に新設された... 続きを読む
    ただ今まあちゃん、肺炎で闘病中。姐さんは快復を祈りながら看病
      季節は夏から秋へ。夏の間はプール遊びに興じるまあちゃんの歓声が、丘の上から長雨にも負けずに育っている水田やレタス、トウ... 続きを読む
    青空って人の心を映すんだ。友人と叔母の突然の訃報。真っ青な空は悲しみを宿していた
      家の中の風の道に朝晩、涼風が通るようになった昨今、やっとブログを開く気力が戻った姐さんです。 尋常ではなかった今夏の暑... 続きを読む
    今日は終戦から68年目。日本に平和はくるのでしょうか? 再びの道を歩んでいるのではないでしょうか?
      友人の徘徊さんがご自身のブログに終戦の日にちなんで、野上弥生子(のがみ・やえこ)氏の昭和天皇に対する戦争責任について記... 続きを読む
    6泊7日の日程でえい坊上京…③<キッザアニア東京>へ、そして、早くも(!?) 岩手へご帰還の日
      今回の「夏休み研修・体験旅行」で、えい坊がいちばん楽しみにしていたのが<キッザニア東京>に行くことです。<キッザニア東... 続きを読む
    6泊7日の日程でえい坊上京…②昼間は元気でも、日暮れ時になればやっぱり5歳の幼子
      昼間の活動疲れで夜は8時ごろには布団にゴロリ、翌朝の6時過ぎまでぐっすりお眠のえい坊です。寝るときにかけたタオルケット... 続きを読む
    6泊7日の日程でえい坊上京…①ロケーションも料金も素晴らしい台東区のプールへ
      <盛岡さんさ踊り>で盛岡のホテルに2泊したあと、今回は丘の上の家での手伝いもなく、千客万来のようすだったので、まっすぐ... 続きを読む
    <さんさ>のあとは、お店のカウンターで「サッコラ(幸呼来)」
      一般観光客の参加の輪踊りに入って「サッコラ チョイノ」のあとは、ノドの乾きを癒すために屋台でビールをググーっと。そのあ... 続きを読む
    動く<浴衣ファッション誌>のさんさ踊り
      花火大会や<さんさ踊り>など浴衣姿をたくさん目にするところは、動く<浴衣ファッション誌>だと思って姐さんはキョロキョロ... 続きを読む
    「サッコラ チョイワ ヤッセ」<盛岡さんさ踊り>は歳忘れ、歳隠しの魅力いっぱい
      毎年8月第1週の週末に行われる<盛岡さんさ踊り>。姐さんは最終日の日曜日に新幹線で盛岡入りしました。乗車中に仙台付近で... 続きを読む
    太鼓の「発表会」のあと、一気に空腹感。浅草の<ときわ食堂>に直行
      芸大での講座の3日間は正直、食欲もおちてしまうほど緊張し、「1分でも多くお稽古しなくちゃ」という恐怖感すら感じていまし... 続きを読む
    頭の中は四六時中、天天天テレツク天……。東京芸大で3日間集中<お囃子>講座を受講
      今週の火、水、木曜の3日間、姐さんは太鼓の講座に参加しました。太鼓に触れたのは生まれてはじめてです。<はじめてのお囃子... 続きを読む
    高速道路の車も消え、花火の準備万端。と、30分後には花火と稲妻の饗宴。夫はとばっちりで、泣く
      昨夜はお江戸の夏の風物詩<隅田川花火大会>でした。 『日本経済新聞』7月28日付によると、隅田川(両国橋)の花火は、寛... 続きを読む
    錦糸町ではしご酒。二軒目はなんと、一歩踏み込み<立ち呑み粋(すい)>へ
      ひとりカラオケもひとり呑みも姐さんにとっては日常的なことですが、立ち呑みの店まではひとりでも、友人とでも行ったことはあ... 続きを読む
    酒家はお猪口持参で暖簾をくぐる。錦糸町<海鮮居酒屋MARU>で
      姐さんは篠笛のお稽古に月2回、錦糸町に通っています。稽古場は和太鼓や笛など邦楽器を制作販売しているお店の2階。先生は大... 続きを読む
    夏は日本人にとって特別な季節。映画『ヒロシマナガサキ』を観る
      選挙は予想通りの結果でした。これも予想通りとは言え、期日前投票を入れて52.61という投票率の低さには、日本の将来がほ... 続きを読む
    今日は参議院議員選挙。スタジオジブリに背中押されて、行ってきます!
      今日は日本は参議院議員選挙です。原発の収拾や被災地の復興はまったく進んでいないというのに、フクシマの問題を後回しにし、... 続きを読む
    べべちゃんって、れおくんの子? 3兄弟+べべ姫のブログデビュー
      丘の上の家から画像が送られてきました。最初で最後でべべ姫もアップしてもよい、とコメントが入っていましたので、ブログにア... 続きを読む
    えっ! 姐さんってミーハー? あまちゃんの寮を見にいったの? 違います。宗善寺さんへお墓参りです。
      東京のお盆は7月13日から16日で、地方よりも1ヵ月早く行われます。8月のこの時期にお墓に行ってもだれもいなくて、「あ... 続きを読む
    遺失物見つかる! それは大切な言の葉が記されたメモ帳
      最近、忘れ物をすることが多いので困ったものです。6月のはじめに浅草の松屋デパートに行ったときにメモ帳を落としてしまいま... 続きを読む
    術後の定期診察。今回もエコー検査を無事通過。3ヵ月毎が半年毎の診察に!
      東京にいるときは遊んでばかりいるようでも、しなくてはならないことが、次から次へとあるのです。たとえば2009年12月の... 続きを読む
    まあちゃんの初めての工作。それは夜空に輝く七夕飾り
      今日は7月7日、七夕さまです。この日は姐さんにとって忘れられない、忘れては罰が当たる方の誕生日でもあります。それは姐さ... 続きを読む
    奥中山高原といえばレタス。レタスアート(絵文字)が収穫期を盛り上げる
      岩手県・奥中山高原発の代表的な特産品には、<新鮮で安全安心な牛乳などの乳製品><瑞々しいレタス><いくつもの味が楽しめ... 続きを読む
    べべちゃんに興味を持ちだしたまあちゃん。仲良しのサインは……
      まあちゃんにはかつてのお兄ちゃんたちのような、激しい赤ちゃん返りは見られません。嫉妬したり、他人を羨ましいと思う感情は... 続きを読む
    公開神楽の会場、<旧朴舘家家屋>は修復工事直前だった。150年前の原型を見ることができて幸運
      神楽の会場だった<旧朴舘家(きゅう ほうのきだて け)家屋>は、今から約150年前の幕末文久2(1862)年に建てられ... 続きを読む
    一戸町の古民家で行われた神楽。日本の土着芸能の心髄に心震える
      21日の日曜日は<神楽>を見に行きました。この<神楽>は奥中山高原から<いわて銀河鉄道>に乗って2つ目の駅、小鳥谷(こ... 続きを読む
    いつの間にか、兄弟に組み合わせが。マカトンサインで会話も
      まあちゃんは保育所にもすっかり慣れ、給食を食べてから帰宅するようになりました。 一方、べべちゃんも大きな、大きな泣き声... 続きを読む
    障がいを抱えている幼児に役立つ、マカトンサインのセミナーに参加
      アルゼンチンからのお弟子さんやお友だちが来てくれていたとき、何とか時間をとって数ヵ月前から申込みをしていた<マカトン法... 続きを読む
    アルゼンチンからお弟子さん⑥……あの方、この方。日本の印象はきれい。でもね……
      きくちゃんとフェルナンドさんが帰国してしまったらさびしがるだろうな、って踊りの神様が哀れんでくださったのか、きくちゃん... 続きを読む
    アルゼンチンからお弟子さん⑤……ボランティア時代の<共に築き上げたからこその友情>に感謝
      とうとうきくちゃんとフェルナンドさんがアルゼンチンに戻ってしまう日が来ました。 姐さんの住んでいるマンションは<東京シ... 続きを読む
    アルゼンチンからお弟子さん④…スペイン語クラスに参加、夜は2079円しゃぶしゃぶ食べ放題<鍋ぞう>へ
      歌舞伎座に行った翌朝、きくちゃんに「大衆演劇と歌舞伎とどっちがよかった?」って聞いてみました。きくちゃんは「歌舞伎」と... 続きを読む
    アルゼンチンからお弟子さん③……柿葺落大歌舞伎の桟敷席! 「俊寛」できくちゃん涙
      大衆演劇も素晴らしいけど日本舞踊が好きで、お稽古をしているお弟子さんには、歌舞伎座は憧れの地のはずです。アルゼンチンか... 続きを読む
    中学生の修学旅行に潜入(?)し、劇団四季<ライオンキング>を観る
      縁あって、劇団四季の<ライオンキング>を観てきました。大学時代の一時期、演劇部に入っていたこともあり観劇は大好きな姐さ... 続きを読む
    呑む人、呑ませる人両者の平均年齢は50代後半?60代? 元祖行列の出来る店<魚三酒場>常磐店
      サラリーウーマン生活を辞めて、大きく変わったことのひとつに呑みに行く時間が早くなったこと。ときには昼酒、なんてことも正... 続きを読む
    新旧店が揃う人形町で、鮮魚や大盤振る舞いのしらす丼が人気の店。
      甘酒横丁をはじめ、すき焼きや粕漬けの老舗が並ぶ人形町。もちろん人形町が発祥の地といわれる人形焼きのお店も4~5件並びま... 続きを読む
    ポーランドのピョートルを我が家に招待。着物姿に涙
      神楽坂での会食の翌日、ピョートル夫婦の観光案内を姐さんが引き受けました。案内したのは、彼らのリクエストで<江戸東京博物... 続きを読む
    20年振りにポーランド人の同僚と再会。神楽坂の高級料亭のような大衆居酒屋<竹子>へ
      雪に閉ざされた奥中山にいるときは、孫のまあちゃんと家にこもっている姐さんですが、東京に帰れば出かける用事が多く、一日は... 続きを読む
    田島さゆりさんのアルゼンチン日系人写真展に行く。お世話になったあの方、この方のお顔が
      病院に行った日の午前中は、新宿のサロンで行われていた写真展に行ってきました。 「鏡像の祖国ーアルゼンチンの日系人たちー... 続きを読む
    手術後の定期検査。後発薬で薬代が約半額に
      乳ガンの手術をして、丸3年が過ぎ4年目に入りました。今でもほぼ3ヵ月毎に診察を受けています。この診察の目的は再発と薬に... 続きを読む
    盛岡駅前民謡市場へいく。新発見の数々は旅の醍醐味
      旅の楽しみは、やはり人との出合いや新しいことの発見にあります。 若いときは一人旅でのさまざまな経験が、「自分の身をもっ... 続きを読む
    旨い! 姐さんのお楽しみ、盛岡<清次郎>の回転寿司
      「好きな食べ物は?」って聞かれたら、間髪を入れずに「お寿司!」と答える姐さんです。お財布が許してくれれば、毎日3食食べ... 続きを読む
    盛岡名物<わんこそば>。あれよ、あれよの100杯以上
      盛岡といえば<わんこそば>。姐さんは30代のときに取材で青森、盛岡へ行き、仕事が終わったあとに、青森では津軽三味線の居... 続きを読む
    まあちゃんが大好き、れおくんの背中
      <おんぶ>の心地よさ、人の背中の温かさをすっかり覚えてしまったまあちゃん。最近ソファーに姐さんやれおくんが座っていると... 続きを読む
    まあちゃんの成長……鍵盤から七色の音符が
      昨日のまあちゃんの成長のブログに、お友達のよいこさんから「歩けるようになりますよ。時間の問題です」とコメントいただき、... 続きを読む
    まあちゃんの成長……自分で立って、立ち時間も増える
      ダウン症の子を称して、「天上から遣わされた<神の子>」と表現されることがあります。ダウン症に限らずどの子もそうでしょう... 続きを読む
    名残雪を惜しむように
      奥中山高原は桜のお出ましには、まだもう少し時が必要な感じです。でも、青く高い青空のそのまた上から顔を出している陽光に包... 続きを読む
    昔はみんなこうだった。お兄ちゃんにおんぶされ
      春の陽光が燦々と輝き、残雪にまばゆい光をあてる日もあれば、雨で雪が溶け泥水で辺りを汚す日もあり、はたまた今日のようにふ... 続きを読む
    奥中山の雪も溶け始め、春の陽光と残雪の競い合い
      東京は数日前に桜が開花となり、一気に満開のようすですね。岩手県の中で雪が多く、気温も低いことでは他にひけを取らない奥中... 続きを読む
    冬場は毎月1回、RSウイルス感染症の予防シナジスを注射
      まあちゃんは毎月1回、大学付属病院でシナジスを注射します。この注射は<RSウイルス感染症にかかった場合に重篤化を予防す... 続きを読む
    まあちゃんの好きなことの範囲が広がりました!
      まあちゃんの成長はゆっくり、ゆっくりです。その分、姐さんはまあちゃんの可愛さや可能性を楽しむことができます。<楽しむ>... 続きを読む
    療育指導を受け、成長への学習を一歩ずつ重ねるまあちゃん
      まあちゃんは市の発達支援センターが行っている療育指導を定期的に受けています(費用は1割負担、らしい)。お母さんかお父さ... 続きを読む
    2週間振りのまあちゃん。抱き合って、甘え合って
      いつも奥中山の家に行くとき、「まあちゃんは、姐さんのことを覚えていてくれるかしら?」と心配になります。今のように月に2... 続きを読む
    懐かしい都電に乗る。都電の魅力は風景の変化が楽しめること
      姐さんの最近のお楽しみは〈篠笛のお稽古〉です。まだ、音も満足に出せませんが諦めずに挑戦し続けています。お稽古は月に2回... 続きを読む
    2月末の金曜デモ。復興とは福島から、日本から原発をなくすこと
      2月半ばまで風邪引きを繰り返していた姐さんですが、クラス会の前日に久し振りに<金曜デモ>に行ってきました。冷えをのけよ... 続きを読む
    さらに学友のこと。食材や宇都宮名産餃子のプレゼント
      大学時代からの親友たちは、会ったとき以外にもときどき食料品を送ってくれます。最近、いただいた品はお煎餅、野菜、草饅頭な... 続きを読む
    「学食」の仲間に紹介された、映画『先祖になる』を観る
      最近、大学の仲間とのやり取りが続いています。友だちがいる、仲間がいるということはうれしいことです。映画『先祖になる』を... 続きを読む
    翌日はクラスメートの妻になった同級生を迎え昼酒!カラオケも
      姐さんのクラスメートの中で、同級生と結婚した人もいます。クラスメートのEくんとクラスは違うけど、学科が同じだったTちゃ... 続きを読む
    卒業41年目のクラス会。みんな「この大学で、このクラスでよかった」と
      2月23日土曜日、姐さんが卒業した大学のクラス会が開かれました。前回の2000年に続き13年振り。卒業したのは1973... 続きを読む
    東京と岩手でそれぞれ迎えた2月某日の結婚40周年。なぜか娘から「祝」のケーキが
      「娘に電話して夫の愚痴を聞いてもらっていたら、アッと間に30分、1時間」 という姐さんの友人は、ひとりやふたりではあり... 続きを読む
    まあちゃん検査余話……看護士さんに「お母さん」と呼ばれた姐さん(苦笑)。夫はだれっていうこと??
      まあちゃんの心臓と肺の検査に、岩手医科大学付属病院医療センターに付き添った姐さん。睡眠剤を投薬する前に身長、体重、レン... 続きを読む
    姐さんが帰京のするときは、いつもまあちゃんが……
      約2週間奥中山にいた姐さんですが、今日の夕方帰京します。きっとまたすぐ呼び出されそうですが……。 生後2ヵ月で心臓の手... 続きを読む
    雪国は、雪国ならこそのお楽しみが
      姐さんは2月8日から岩手県・奥中山高原の娘の嫁ぎ先に来ています。 1階部の全室が床暖房で、外断熱効果抜群の建築なので家... 続きを読む
    福島原発行動隊の今後は!?
      風邪が何とか治り、翌日からは岩手に行く予定だった2月7日に姐さんは<福島原発行動隊>の院内集会に参加しました。会場はい... 続きを読む
    公園デビューを果たし、まあちゃんは帰郷
      まあちゃんが東京に来ていた1週間はお天気に恵まれました。風のないある日、姐さんはまあちゃんを公園に連れ出しました。まあ... 続きを読む
    まあちゃん上京。足腰鍛えるチャンス
      まあちゃんのお兄ちゃんのれおくんとえい坊は、新大橋(最寄り駅浜町)の家に来たことがあるけど、まあちゃんとお母さん(姐さ... 続きを読む
    正月を振り返れば、風邪引きのひと月
      昨年暮れに岩手から帰京し、アッという間に正月、節分が去ってしまいました。 大晦日、夫は一泊の予定でお姑さんのところへ。... 続きを読む
    同期だったボランティアのうれしい活躍。日本語+日本舞踊
      今年は前田先生の悲しい知らせがありましたが、JICAボランティア時代の同期からはうれしい知らせがありました。それは、再... 続きを読む
    お弟子さんから悲しい知らせも。ブエノスの前田医師ご逝去
      10月に日本で会えたブエノスのお弟子さんのクラウディアさん。そして11月にはソフィアさんとも会え、踊りも一緒に踊って楽... 続きを読む
    クリスマスは、れおくんとまあちゃんの誕生日
      12月24日のクリスマスイブと25日のクリスマスは、姐さんにとって忘れられない日です。 24日は乳ガンの手術をした日。... 続きを読む
    ブエノスから再びお弟子さん④…日本で資格取得し帰国
      ソフィアさんの今回の日本訪問には、大きな目的があったようです。それは、NOSS(日本踊りスポーツサイエンス)のインスト... 続きを読む
    ブエノスから再びお弟子さん③…宝塚歌劇にも行きました
      ブエノスでお弟子さんだったソフィアさんとの再会2日目は、宝塚歌劇を見に行きました。 ソフィアさんの所属している日本舞踊... 続きを読む
    踊りの仲間と我が家でパーティー②…しゃべって、踊って、富くじして……
      女7人のパーティー。今回はプチ仮装パーティーです。女性用アデランスよろしく、好みのお飾りを頭につけて「かわいいー!」「... 続きを読む
    踊りの仲間と我が家でパーティ①…まずは食べて、呑んで
      18日火曜日は我が家で踊りの仲間とパーティをしました。指導をしてくれていた先輩が、<古希>を迎えたのでお祝いの宴です。... 続きを読む
    自民圧勝の衆議院・知事戦。ショックから立ち直って
      衆議院、知事戦の結果が、あれほどの数で自民のひとり勝ちとはショックで、開票速報のテレビは10分で消してしまった姐さんで... 続きを読む
    選挙直前デモ。やっぱり来たあの人…。まだ間に合う日本の将来の選択
      姐さんは投票のこともあり、今回1週間の予定で岩手から帰京しました。そして、昨日は久し振りに国会包囲の<脱原発金曜デモ>... 続きを読む
    牛舎のお仕事から雪かきが日課に
      「牛舎に行かなきゃ力がでない!」と言っていたえい坊ですが、ここ数日は牛舎の仕事よりも家のまわりの雪かきをすることになり... 続きを読む
    れおくん、1日1回は弟の世話を
      平日は学童保育に5時ごろまでいたり、お稽古ごとで忙しい小学校1年生のれおくんですが、1日1度はまあちゃんのオムツを必ず... 続きを読む
    ブエノスから再びお弟子さん②…我が家での夕食。がんばりました!
      ブエノスからのお弟子さん、ソフィアさんと行った「木馬館」。舞台がはねたあとは、公会堂前の通りや仲見世近くの通りに並ぶ、... 続きを読む
    雪国の子は逞しい!? 留守番のえい坊は新雪の中を行く
      奥中山に大雪の季節が到来しました。昨日は1日で60センチほど積もったはずです。 そんな中、まあちゃんは岩手県内のダウン... 続きを読む
    降っては止み、陽の光で溶けて。でも、また降って、とうとう積もり始めた
      奥中山へ行くのに覚悟が必要な季節になりました。 姐さんが奥中山に着いた日は、風によって集められた雪が、ところどころに見... 続きを読む
    勘三郎さんの舞台は、いつもその人柄が出ていましたよね(涙)
      今日は12月5日、姐さんは岩手に来ました。朝、家を出る直前に勘三郎さんの訃報をニュースで知り、悲しくして、悲しくて、新... 続きを読む
    ブエノスから再びお弟子さん①…まずは「木馬館」! 橘小竜丸劇団
      10月上旬にブエノスの若手舞踊グループ「しらゆり会」のメンバーのクラウディアさんが、一緒に暮らしている彼と自分のお父さ... 続きを読む
    えい坊がお父さんと上京③…よく言うよぉー。アレはなんだ。あの布団は!?
      えい坊はけっきょく東京には、予定通り2日間しか泊まりませんでした。お父さんが北海道に行っている日は、<キッザニア東京>... 続きを読む
    えい坊がお父さんと上京②…<キッザニア東京>で職業体験
      えい坊とお父さんが上京して2日め。お父さんは早朝4時半には家を出て、羽田空港に向かいました。地下鉄の人形町までは夫が送... 続きを読む
    えい坊がお父さんと上京①…ばあさんの家で遠慮することないのに
      今月は千客万来で、東京にいるときの姐さんはうれしい悲鳴をあげています。だって、大好きな友だちに再会できるうえ、夫の手前... 続きを読む
    保育所よりも牛舎。えい坊は冬用のつな着でお仕事
      次男のえい坊は長男のれおくんとは対照的で、今のところ勉強よりもお仕事が好きなようです。「今日、保育所いかない。牛舎に行... 続きを読む
    見て覚える、まあちゃん流の成長
      今年のクリスマスには3歳になるまあちゃん。来春からは保育所に入所できるはずです。すぐ上のお兄ちゃんのえい坊は年長さんで... 続きを読む
    いくら愛しても、親と食べ物に勝るものなし!
      齢60+少々になって、やっと姐さんのことを心から愛してくれる男(の子だけど)ができた、と喜びで心が震えたのもつかの間。... 続きを読む
    入院中にますます愛を深めて。強く抱き合い、見つめ合い、……し合う日々
      狭いベッドの囲いの中で長時間一緒に過ごしたまあちゃんと姐さん。入院中に以前にも増して、愛を育むことができました。退院し... 続きを読む
    雨にも負けず、ヒト、ヒト、ヒトの100万人反原発デモ。な、なんと目の前に姐さんの出身大学自治会の幟が
      正直、姐さんは今、岩手なのか、東京なのか、わからないぐらいバタバタしていますが、11月11日は東京でした。そして、夕方... 続きを読む
    まあちゃん、入院…⑤。名古屋から車を飛ばして友人がヘルプに。介助犬を連れて
      まあちゃんの入院中に、姐さんとまあちゃんのお兄ちゃんたちにとって、とてもうれしいことがありました。それは姐さんが出版関... 続きを読む
    まあちゃん、入院…④。8日間の入院で退院
      まあちゃんは結局8日間だけの入院で、10月の最終週に退院することができました。1年振りの入院でしたが、生まれてから1年... 続きを読む
    一戸町散策…②命拾いした思い。感謝感激、一戸中心商店街の<休み処>
      まあちゃんの入院している病院から、図書館の裏手を通り、民家の並ぶ川沿いを歩き、萬代館の前を来たあたりから、姐さんは急に... 続きを読む
    一戸町散策①…病院周辺が中心地?
      じゅんじゅんさんのお母さんにまあちゃんの付き添いをバトンタッチした姐さん。後引くラーメンをゆっくり食べてもまだ、<いわ... 続きを読む
    まあちゃん、入院…③まあちゃんの好きなこと、ホットタオルで体拭き
      2009年、自分が入院していたときは退屈で仕方なかったけど、まあちゃんの付き添いはアッという間に一日が過ぎていきます。... 続きを読む
    まあちゃん入院…②。マイコプラズマ肺炎を起こしていた
      まあちゃんの入院先の一戸病院へは、奥中山高原7時30分発の<いわて銀河鉄道>の始発で一戸まで行きます。駅までの公共交通... 続きを読む
    まあちゃん、入院…①。姐さんも付き添い入院
      今回姐さんは10月18日から岩手県・奥中山の娘の家に来ています。来たときとから、まあちゃんは熱が上がったり、下がったり... 続きを読む
    12日の金曜デモ、シュプレヒコールの合間をキンモクセイの香りが漂う
      先週の金曜日のデモは、一時少なくなった参加者がまたまた増えていた印象です。その影響か、いつもは出口4を出て右に進み国会... 続きを読む
    「ご近所さん」になった後輩と十数年ぶりに再会
      「10月から東京に転勤になります」とAくんから夫にあてたメールが、数週間前のある日、岩手の姐さんのパソコンに転送されて... 続きを読む
    アルゼンチンのお弟子さんが来日③…半日は踊りのお稽古。新曲の振りはお土産代わり
      クラウディアに「<しらゆり会>のために考えた踊りを覚えて帰ってくれる?」って聞いたら、「はい、お稽古したい」という返事... 続きを読む
    アルゼンチンのお弟子さんが来日②…金曜デモへも
      クラウディアが滞在中に金曜デモがありました。「一緒に行ってみない?」って聞いたら、行くという返事。4人で仲間が待ってい... 続きを読む
    アルゼンチンのお弟子さんが来日①…「恋川劇団」公演の木馬館へ
      アルゼンチンのお弟子さんが先月から日本に来ていました。名前はクラウディアで、同伴者は事実婚のパートナーのエクトルと、ク... 続きを読む
    実りの秋。牧草、デントコーンの収穫作業終わる
      じゅんじゅん牧場には乳牛が百頭近くいます。秋の大作業はこの乳牛たちの1年分のエサの収穫です。東京生まれ、東京育ちの娘も... 続きを読む
    まあちゃんの成長の源は、旺盛な食欲と十分な睡眠。そして家族の愛
      じゅんじゅん牧場の一家は早起きです。当主のじゅんじゅんさんは5時過ぎには、丘を下り牧場に向かいます。6時前にはお兄ちゃ... 続きを読む
    <ひとりで立っち>は、もうすぐかな? まあちゃんの頼もしい成長
      まあちゃんは最近、めきめき体力が付き、腕相撲をしたら姐さんは負けそうな雰囲気です。表情もしっかりしてきました。お兄ちゃ... 続きを読む
    忘れ物で列車を遅らせてしまい、反省しきり
      30日の日曜日、宇都宮の友人が花巻・盛岡まで研究室の旅行で来たから、と奥中山に一泊してくれることになりました。盛岡で午... 続きを読む
    今期は最後の奥中山の名産レタスで、レタス料理三昧。レタスはダイエット食品になる、と思う
      奥中山といえばレタスと酪農と結いカフェの大判焼。レタス畑は奥中山の夏の風物詩では欠かせません。 今年も食卓を賑わしてく... 続きを読む
    娘に背中を押されて、盛岡金曜デモに昨日も参加
      姐さんは先週、盛岡での金曜デモ(主催:盛岡でもデモし隊)にデビューできました。昨日の金曜日は急に気温が下がり、ちょっと... 続きを読む
    季節は秋へ。気の早いナナカマドが橙色のべべ着て顔を出していた、奥中山高原温泉の露天風呂
      日中はまだ何とか半袖で過ごすことができても、朝晩はフリースが必要な真冬一歩手前の季節になっている奥中山です。寝るときは... 続きを読む
    盛岡での金曜デモデビュー
      今回岩手県・奥中山には9月13日から来ています。東京には1週間しかいられませんでした。奥中山の生活がまだしばらく続く予... 続きを読む
    日本独特<おじぎ>の文化を東京駅で見る
      浅草に住んでいたときは岩手に行くのに、地下鉄銀座線で上野まで出て東北新幹線に乗っていました。 今年3月に引っ越した新大... 続きを読む
    9月7日の金曜デモ②……福島の子ども達
      7日のデモは選挙を意識したのか、いわゆる「大物」議員もスピーチに立っていました。スピーチの内容によっては「ごまかすな!... 続きを読む
    9月7日の金曜デモ①……参加者の思い、姿
      東京に戻ったので、姐さんは2週間振りに反原発金曜デモに参加しました。 参加者の多さは相変わらずですが、今回は子ども連れ... 続きを読む
    ひまわりは次々におじぎで、トウモロコシの出番。姐さんは帰京
      奥中山の風景はあれよ、あれよという間に変わってきています。畑を見ていると、季節の移り変わりを嫌でも知ることになります。... 続きを読む
    まあちゃんのゆっくり成長は、赤ちゃん時代の可愛さを2倍も3倍も楽しませてくれる
      最近のまあちゃんは、ハイハイがもどかしいみたいで、立って、歩きたくってしかたないみたいです。まだつかまり立ちですが、ち... 続きを読む
    えい坊のプライドを傷つけた姐さんが受けた罰
      自分が親から受けた幼児体験を反面教師に、赤ちゃんでもプライドがあり、それを傷つけるような子育てしないようにしよう、と誓... 続きを読む
    えい坊はまあちゃんの通訳
      4歳の孫のえい坊はお兄ちゃんのれおくん同様、姐さんがブエノスで暮らしていたときに生まれました。生まれるときは一時帰国し... 続きを読む
    姐さんは一昨日、啄木ゆかりの渋民尋常高等小学校を無事卒業!
      9月1日土曜日、とっても楽しい時間を過ごすことができました。それは巖手懸岩手郡渋民村立渋民尋常高等小学校に入学し、楽し... 続きを読む
    籐七温泉④……八幡平山頂から樹海を臨む
      夕方まで宿から盛岡行きのバスがないので、彩雲莊のスタッフに盛岡行きバスの出発地、八幡平山頂まで送ってもらいました。 八... 続きを読む
    籐七温泉③……食事は野山の恵み山菜三昧。美味しさ再発見
      彩雲莊の夕食も朝食も山菜を主にしたビッフェスタイル(俗に言うバイキング式)でした。夕食、朝食とも30種類近く料理が並ん... 続きを読む
    籐七温泉②……築80年の趣ある宿が一軒だけ
      籐七温泉には彩雲莊という宿が一軒あるだけです。そしてこのたった一軒の宿も冬季は雪で道路が閉鎖されるため、営業するのは雪... 続きを読む
    籐七温泉①……究極の湯治かエロスの世界か!?
      籐七温泉は八幡平頂上から車で数分下った樹海の中にあります。海抜1400mの地にある温泉で、東北最高峰の山の宿と銘打って... 続きを読む
    まあちゃんもお兄ちゃんたちも、ひまわりに囲まれプール遊び
      朝夕は高原の風が心地よいものの、お盆過ぎてから気温は上がりぱなしで日中は30度以上の日が続いています。そんな中、まあち... 続きを読む
    娘の嫁ぎ先は、ひまわり約2千本の「ひまわり御殿に」。TVでも紹介される
      今回、岩手県・奥中山に住む娘の家に来たのは8月18日。東京に遊びに来ていたれおくんを送りがてらの訪問というか、仕事をし... 続きを読む
    8月17日の金曜デモ・・・上京中の孫のれおくんも一緒に。MagnaBSC社とは何か?
      孫のれおくん(小学校1年生)が8月5日から11日まで岩手から東京に遊びに来ました。毎日姐さんか夫が交代で映画、工作作り... 続きを読む
    8月10日の金曜デモ・・規制委員会人事案に新たな怒り
      東京にいるときはできる限り、金曜デモに参加して反原発の意思表示をし続けようと思っています。 日本の原発、世界の原発につ... 続きを読む
    今夏最大のまあちゃんの体験、そして成長
      6月には一時危篤状態に陥ったまあちゃんですが、その後の経過はよく、元気いっぱい、いたずらいっぱいのまあちゃんになってい... 続きを読む
    他地方より短い、東北の夏休み
      東北の夏休みは関東や西の地域の夏休みより2週間ほど短くなります。その代わりに雪に閉ざされる冬の休みは長くなっています。... 続きを読む
    盛岡・さんさ踊り4 踊りのあとの食事と宿泊
      当初の予定だと、<さんさ踊り>の3日目と4日目はホテルに連泊して、そのまま帰京でした。でも、地域でのバーベキューパーテ... 続きを読む
    盛岡・さんさ踊り3 さんさスタイル
      <さんさ踊り>の印象について書き出したら、止まらない姐さんです。でもあと2回ほどにしますね。 今回は踊り手さんや見物人... 続きを読む
    盛岡・さんさ踊り2 踊りでたいせつなことはやっぱりニコニコ
      <さんさ踊り>のパレードはけっこうハードとお見受けしました。1キロメートルの舞台(中央通り)を、動きの早い踊りで、しか... 続きを読む
    盛岡・さんさ踊り1 来て、観て、魅せられ、加わってこそ
      盛岡といえばわんこそばに冷麺、そして<さんさ踊り>です。姐さんがアルゼンチンから帰国し、娘が嫁いだ岩手県に頻繁に行くよ... 続きを読む
    毎週金曜日は国会周辺前の反原発のデモへ
      毎週金曜日の午後6時から国会周辺で反原発のデモが行われています。これはツイッターによる呼びかけで、原発に反対の人たちが... 続きを読む
    検査終了後、まあちゃんの顔色が一変。祈るのみ
      まあちゃんが入院した日は、なんか気が抜けてしまった姐さんです。れおくんとえい坊が姐さんのまわりで、ワサワサ、ガヤガヤし... 続きを読む
    お父さんに散髪してもらって、まあちゃん入院
      生後3ヵ月で心臓の手術をしたまあちゃん。術後、心臓については心配なくなったようですが、肺圧の検査の必要があり、盛岡の大... 続きを読む
    岩手大学で「第4の革命」が上映された
      まあちゃんの入院までまだ数日ある6月16日土曜日、岩手大学に「第4の革命」を見に行きました。 この映画は自主上演で、岩... 続きを読む
    奥中山流食べ方。レタスはワサビ醤油で
      奥中山から東京に戻ると、いつもびっくりするのが野菜の値段。やはり東京は高いです。レタスはひとつ200~300円しますも... 続きを読む
    牧場は種蒔きの季節に
      奥中山に春が訪れるとまずレタス畑の田返しが始まります。雨が降らなければ、丘の上の家のまわりのレタス畑には、朝日をあびな... 続きを読む
    好きなもの、苦手なものが、はっきりしているまあちゃん
      まあちゃんは1歳になったころから、好き嫌いを身体で表現するようになっていました。好きなものは思いっきり抱きしめたり、キ... 続きを読む
    「一歩ずつ」は、まあちゃんのためにある言の葉
      約10日振りに奥中山に来た(<戻った>というほうが現実的かも)のは、6月8日。今回はまあちゃんの入院が控えているので、... 続きを読む
    「どんな映り方されていてもまあちゃは、まあちゃん」と娘
      実の娘といえども個人情報については、了解なしに他人にしゃべってはダメですよね。だから、まあちゃんのことを姐さんのブログ... 続きを読む
    どうしたの?まあちゃん。体調崩したまあちゃん
      姐さんが帰京する前日か当日になると、必ずまあちゃんは体調を崩してしまいます。もちろんまあちゃんが悪いわけではありません... 続きを読む
    畑仕事もはじまり、牧場は大忙し
      県内有数の豪雪地奥中山高原の雪も溶け始めると、牧場の仕事は一挙に忙しくなります。ルーチンワークの牛の世話のほかに、牛に... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅⑦盛岡
      浜田山先生との旅行記は、これが最後になります。 3人別々のシートに座り、バスに揺られること2時間で松川温泉から盛岡駅に... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅⑥松川温泉(峡雲荘)
      松川温泉は八幡平と呼ばれる火山の集積地帯にあります。そして、地熱を利用した商業発電所を約50年前の1962年に、日本で... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅⑤松川温泉(峡雲荘)
      浜田山先生との旅の続きです。奥入瀬渓流と十和田湖散策から2日目の宿泊先へ行く道中、<道の駅とわだ>の中にある<匠工房>... 続きを読む
    映画“friends after 3.11”と「東北六魂祭」②トーク
      映画が終わったあとは、予定通り岩井俊二監督とナビゲーターをつとめ、カンヌ映画祭でスピーチもした藤波心さんとのトークがあ... 続きを読む
    映画“friends after 3.11”と「東北六魂祭」①映画
      27日日曜日、姐さんは盛岡に映画を観に行きました。 盛岡は前日からの六魂祭で、いわて銀河鉄道やJRも朝から混み、町をあ... 続きを読む
    盛岡でYOSAKOIさんさの大パレード
      先週の日曜日(20日)、盛岡で<YOSAKOIさんさ>の大パレードがありました。 これは毎年、5月の最終日曜日に行われ... 続きを読む
    奥中山の春……レタス栽培始まる
      岩手県・奥中山の名物といえば、大判焼きとレタスと牧場です。大判焼きについては後日投稿する予定です。今回は季節柄、レタス... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅④奥入瀬渓流と十和田湖
      旅行2日目は奥入瀬渓流を歩く予定を組みました。大学時代もよく一人旅をしていたので、奥入瀬渓流も数度全歩したことがありま... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅③奥入瀬(奥入瀬渓流ホテル)
      <奥入瀬渓流ホテル>は、十和田湖を源として流れる奥入瀬川を北上した焼山近くにあります。 客室数190ほどの大観光ホテル... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅②奥入瀬(奥入瀬渓流ホテル)
      八戸から奥入瀬まではバスで約1時間半。昼酒は効きます。ワンカップあさ開を呑んで<奥入瀬渓流ホテル>行きのバスに乗り込ん... 続きを読む
    八戸・奥入瀬・八幡平(松川温泉再訪)の旅①八戸(八食センター)
      5月13日から3日間、姐さんの親代わりの浜田山先生夫妻が奥中山に来てくれました。先生方と一緒に旅するなんて初めて。せっ... 続きを読む
    奥中山もやっと春。暖かい日差しの下でまあちゃんは日光浴
      今年の冬は異常に長く寒かった奥中山ですが、忘れることなく遅まきながら春が来てくれました。雪に閉ざされた日々にくらべ、今... 続きを読む
    モーさんも見た! 5月21日の部分日蝕
      西日本も東京も曇りで、部分日蝕や金環日蝕をはっきり見ることができなかったようですね。 奥中山ではバッチリ見ることができ... 続きを読む
    まあちゃんは歯磨き大好き! 
      連休明けから岩手県・奥中山高原に家事育児サポート(家政婦)の出稼ぎ(?)に来ています。 2歳半ゆっくり、ゆっくり成長の... 続きを読む
    深川江戸資料館/みごとな江戸の町並
      姐さんの新しい住まいは隅田川沿いにあります。住所は新大橋。このマンションの区域は江東区と墨田区に所属します。隅田川の向... 続きを読む
    映画フラメンコ フラメンコFlamenco Flamencoを見る
      シニアになって得したのは映画が1,000円で見られること。連休前にスペイン語を昔勉強したという友人に誘われ、スペイン映... 続きを読む
    スーパーランチにスーパームーンそして原発ゼロの子どもの日
      昨日のランチはふきちゃんのところでごちそうになりました。 ふきちゃんは姐さんがロサンゼルスで最初にお友達なり、アメリカ... 続きを読む
    一見劇団公演の木馬館へ
      東京にいるときは、自分では踊りの勉強のつもりでも、人から見れば遊びまわっている生活です。 浅草木馬館に大衆演劇を見に行... 続きを読む
    金田一温泉へ
      よ市のほかにも日帰りで<金田一温泉>に行きました。 金田一温泉はいわて銀河鉄道で奥中山高原から約30分。座敷わらしで有... 続きを読む
    盛岡のよ市へ
      今回、奥中山に滞在中に遊びに行ったのは、盛岡で毎週土曜日(雪のない毎年4~11月)に開催される<よ市>。よ市は余市とは... 続きを読む
    れおくんは1年生に
      孫のれおくんが生まれたのは、姐さんがアルゼンチンでボランティアをしていたとき。着任3ヵ月後のまだ活動がはじまったばかり... 続きを読む
    まあちゃん、テレビを見ながらおせんべポリポリ
      久し振りのブログです。4月は6日から18日まで奥中山に行っていました。6日はまだ雪がコンコンと降っていた奥中山です。1... 続きを読む
    東大病院でCT検査。検査のあとに院内の庭園へ
      岩手の丘の上の家から帰京してかれこれ5日は経過しました。まだ風邪が治らず伏せっている姐さんです。でも、数日前には東大病... 続きを読む
    姐さん不在の2週間で、まあちゃんはつたえ歩きを
      前回東京に戻ったのが2月28日。約2週間東京にいて3月15日に岩手に来ました。姐さんがいないあいだ、まあちゃんはつかま... 続きを読む
    溶けては、また積もり……いつまで続く雪の日々
      去年は3月11日以降、こんな大雪に見舞われた記憶はありません。この冬、最初に奥中山の丘を雪化粧したのは去年の11月半ば... 続きを読む
    「まあちゃんは、ぼくたちの仲間」と、お兄ちゃんのえい坊
      えい坊は姐さんの2番目の孫です。ダウン症のまあちゃんとは2歳違いのお兄ちゃんです。生まれたときには姐さんはアルゼンチン... 続きを読む
    まあちゃんのお友だち大集合
      昨日、丘の上の家は朝からバタバタの一日でした。午前中はれおくんとえい坊のピアノの発表会。午後からはまあちゃんの友だちが... 続きを読む
    まあちゃんの側には、れおくんが
      れおくんは実によくまあちゃんの世話をやき、かわいがっています。ときどき世話をやきすぎて危ないことになり、お母さんに注意... 続きを読む
    本番前にじっちゃん、ばつちゃんのための卒園式も
      健康診断も引越もそして女子会も終わった15日、姐さんはまあちゃんの顔が見たくなって新幹線に飛び乗りました。 15日は娘... 続きを読む
    引越時は事前打ち合わせが大切
      浅草から新大橋に引っ越した姐さんたち。新大橋の新居はアルゼンチン時代の夫の駐在員仲間でもあり、姐さんたちの仲人さんの身... 続きを読む
    友情の証? 35年間温めた預金通帳出現
      引越先の荷物が片づいた14日、姐さんは親友のたっちゃん、まっちゃんの三人で女子会をしました。場所は有楽町の和風レストラ... 続きを読む
    日比谷公園での3.11集会
      昨日は3.11脱原発集会に行ってきました。 集会が行われたのは日比谷公園の中にある公会堂前です。 姐さんたちは仲間4人... 続きを読む
    3.11ライフラインが止まった奥中山の家
      今日はあの東日本大震災から1年たった3月11日です。 あの日、夫は浅草のマンションのエレベーターに閉じこめられ1時間後... 続きを読む
    福島原発行動隊の集会に行ってきました
      8日の引越作業の初日、姐さんは梱包作業の指示を夫に頼んで、<0123>のお嬢さんたちと入れ替わるように、参議院議員会館... 続きを読む
    やっぱりビールは美味しいです! 酒肆
      姐さんが9日まで住む浅草の家の隣はアサヒビールの本社ビルで、まわりには同社関連レストラン、カフェなどがいくつかあります... 続きを読む
    浅草、気になるレストランへ 櫻田
      アルゼンチンに行く前は、台東区の谷中に17年住んでいました。今は完全に観光地化してしまいましたが、寺が多く落ち着いた街... 続きを読む
    <木馬館>の大衆演劇のおもしろさとは
      「木馬館」は昼夜2回公演で毎月興業劇団が変わります。役者は地方の旅館やホテル、ヘルスセンターなどの舞台にもあがります。... 続きを読む
    忙しくても大衆演劇のメッカ、木馬館へ
      引越準備に追われる姐さんですが、息抜きも忘れない姐さんです。残りわずかの浅草を楽しんでいます。 浅草で大好きな場所のひ... 続きを読む
    査定の結果、敷金は全額返済。ただし条件付き
      URでは退去の予告期間は2週間となっています。退去届けを出すと、汚れぐあいを見に<査定>の人がきます。姐さんは岩手に行... 続きを読む
    検査、検査のあとはURからの引越準備
      姐さんたちは浅草の吾妻橋を渡った、例のウ×コビルの後ろにある独立法人UR都市機構が管理運営するマンションに住んでいます... 続きを読む
    初の胃カメラ検査は静脈麻酔(全身)で受けた
      姐さんは健康診断の必要性から胃カメラの検査を受けました。3月1日のことです。バリュウムでの検査を受けたことは何度もあり... 続きを読む
    骨密度の検査
      姐さんは乳ガン再発予防のために、女性ホルモンの感受性細胞(エストロゲン)の増殖を抑える薬を1日1錠飲んでいます。乳ガン... 続きを読む
    東大病院最上階のレストラン
      放射線科の白石先生の診察が終わったのが正午ごろ。次の<骨密度>の検査予約まで約2時間あり、姐さんは昼食をゆっくりとるこ... 続きを読む
    1年も忘れていた、放射線科での診察
      雪の日でも病院はさすが混んでいました。玄関にはりだされた用紙を見ると、3,726人診療予定とか。姐さんの今日の予約は放... 続きを読む
    雪を土産に岩手から帰京
      2月はほとんど岩手にいた姐さんですが、28日の夜に雪を土産に帰京しました。翌日から3日間連続で検診が入っていたからです... 続きを読む
    「まあちゃんは、僕らを親に選んで生まれた」と婿さん
      娘の夫、じゅんじゅんさんは牧場主です。自分の仕事に誇りを持った働き者です。そして子育てを娘だけに任すような男ではありま... 続きを読む
    「まあちゃんはダウン界の貴公子」と自慢の娘
      まあちゃんを出産した直後の娘は、これから生きていかれるだろうか、平常心を戻せるだろうか、と心配になるほど不安定な精神状... 続きを読む
    「30分しても帰らなかったら捜索隊お願いね」
      姐さんが東京に戻る日が近づくと、どういうわけかまあちゃんの具合が悪くなります。今回も同様で元気に動き回っているものの、... 続きを読む
    まあちゃん、毎月入院。入院のたびに深まる愛情
      生後2ヵ月になる前に心臓の手術をしたまあちゃん。それ以来、まあちゃんの入院は12回にも及びます。最初の1年はほぼ毎月、... 続きを読む
    一歩、一歩、現実を受けとめて
      お産直後、「お父さん、お母さんと顔つきが違う」と分娩室で医者から言われた娘。そのときの娘と婿さんの驚きと戸惑いは、2年... 続きを読む
    まあちゃん、生後1ヵ月半で心臓の手術
      ダウン症は心臓疾患や呼吸器疾患など、いろいろな合併症を伴う場合がほとんどのようです。まあちゃんもご多分に漏れず大動脈縮... 続きを読む
    ブエノスのオンセ駅で大事故
      日本時間の23日早朝、東京にいる夫から「インターネットによるとオンセ駅(Estacion de Once)で大事故があ... 続きを読む
    まあちゃんは盛岡の療育センターへ
      一昨日(22日)は娘が代休をとって、まあちゃんを盛岡の県立療育センターに連れていきました。夕食はみんなで外食しよう、と... 続きを読む
    まあちゃんは階段上りに夢中
      まあちゃんは2歳の誕生日を2ヵ月前に迎えましたが、まだ自力で立ち上がったり、歩いたりはできません。移動はもっぱらハイハ... 続きを読む
    ダウン症の孫、まあちゃんとの一日
      姐さんの三人目の孫、まあちゃんはダウン症です。ダウン症とは21番目の染色体が健常者より1本多い3本持って生まれてくる染... 続きを読む
    過去最低気温を記録した日
      昨2月19日は全国的に過去最低気温を記録したとか。奥中山もマイナス10度以下で午前中は吹雪、午後になって粉雪がみぞれに... 続きを読む
    盛岡の奥座敷<繋温泉>へ
      1月末に姐さんは、またまた温泉にひとりで行ってきました。盛岡から車で30分ほどのところにある<繋ぎ(つなぎ)温泉>です... 続きを読む
    盛岡駅で100円も安いロッカーみーつけた!
      節約を日々心がけている姐さん。先日盛岡の駅構内を歩いていて素晴らしいものを発見した。それは4時間の時間制限があるものの... 続きを読む
    いわて銀河鉄道
      奥中山高原へは盛岡から<いわて銀河鉄道>で行きます。<いわて銀河鉄道>の前身は東北本線で2002年にいわゆる第三セクタ... 続きを読む
    神様はやきもち焼き!?
      2月9日から10日へと日付変更線をが超えるころ、40年来の友から携帯メールが入りました。それは彼女の夫の死を知らせる悲... 続きを読む
    雪かきは日々の仕事。孫もツボを心得て
     牛舎の仕事も半端なく体力がいると思いますが、雪かきも体力勝負です。新しい雪が積もるたびに雪かきをしないと、どんどん雪が積... 続きを読む
    まるでスキー場の中にいるよう
     姐さんの奥中山通いも3年経ち少々の雪にもびっくりはしませんが、1月半ばからの連日の降雪には恐怖を感じることもあります。特... 続きを読む
    松川温泉・松楓荘のお部屋
      松楓荘は木造の2階建で長いあいだ湯治客を受け入れた歴史を感じさせます。広くはありませんが客室も多く、日帰り温泉客(入浴... 続きを読む
    松川温泉・松楓荘のうれしい宿泊費
      多くの旅館と同じように松楓荘も夕食の献立によって宿泊料金が違います。この地の食材といえばキノコ、山菜、和牛(前沢牛や八... 続きを読む
    松川温泉・松楓荘の湯
      姐さんが泊まった松楓荘は1062年の平安時代中期に発見され、その後1743年に開湯されたと伝えられる温泉です。湯の色は... 続きを読む
    秘境の温泉、松川温泉へ
      奥中山高原に雪が積もりはじめた12月上旬、姐さんは家事や孫育てからちょっと解放されたくて、ひとり温泉に行ってきました。... 続きを読む
    夜半から早朝は零下10度以下
      姐さんが今いるところは岩手県・奥中山高原。日本での生活の半分ほどは娘が嫁いでいるこの地にいます。奥中山高原にこの冬最初... 続きを読む
    ホームパーティ開く3 デザートPostre
     デザートの数も半端ではありません。デザートはすべてお弟子さんの手作り。... 続きを読む
    ホームパーティ開く2
     照り焼きのタレを調合しているSさん、「味みしてくれる?」と夫に。Sさんは日系二世で会計士をしている。夫のKさんは留学時代... 続きを読む
    ホームパーティ開く1 Hacer una fiesta
     6月18日、朝から料理で大忙し。里芋、椎茸、ニンジン、ゴボウの炊き合わせ。里芋とゴボウはJICA時代のお弟子さんだったラ... 続きを読む
    きれいな振りにしたいな
     6月17日(金)、午前中は今日からお稽古の予定の「和」の振り付けを考える。「和」というのは自分でつけた名前。オリジナルは... 続きを読む
    2年のあいだにはいろいろ
     6月17日、毎晩お稽古をしている若手グループのお稽古も本日はお休みさせてもらった。JICAボランティア時代からの友人に会... 続きを読む
    日本食レストランは和菓子にも気を遣う
     15日は、18日の出前を注文しがてら、先日友だちに連れて行ってもらった、近所の日本食レストラン<鯉>(Junin1281... 続きを読む
    中国街で食事
     パンクする前にKちゃんと中華街でランチをした。Kちゃんオススメの「珍香園」(Los Manjares)。二人とも温かい肉... 続きを読む
    車がパンクで冷や汗
     6月14日(木)お弟子さんのKちゃんの運転で中華街に買い物。18日にお客さんが大勢来るので、日本食をご馳走しようと思って... 続きを読む
    お弟子さんの職場を借りて稽古
     12日の週はセニョーラのクラスはお休みだった。若手クラスは通常通り。6月13日、いつもの稽古場のCeUAN(日系学生寮)... 続きを読む
    薪を燃やした暖炉で心も身体も温かく
     ロッジの各部屋のベッドルームにはダブルベッドとシングルベッドがひとつずつ、あるいはシングルベッドが3つとタンスが備えら、... 続きを読む
    無数の川の間に「島」が
     ブエノス市内とはまったく趣を異にするティグレ。ここはラプラタ川Rio de La Plataに注ぐ無数の小川を利用してで... 続きを読む
    お稽古のない週末、ティグレーへ
     アルゼンチンに来てはじめて、お稽古のない週末の2日間。<しらゆり会>のメンバーが観光地であるTigreティグレに招待して... 続きを読む
    風に乗って火山灰がLa ceniza vuela con el viento
     先週から路上駐車している車両や道路に、粉塵が積もっているのが目に付くようになった。そして昨日は我が家のパティオのテーブル... 続きを読む
    庭に面した大きな部屋
     姐さんがエレーナさんから借りている部屋は10畳ほどの大きさで、ガラス窓の向こうはパティオになっている。パティオの中央には... 続きを読む
    福島原発についての便りGrandes noticias de Japon.
     日本にいたときは食事の前後にテレビのニュースをよく見ていたけど、アルゼンチンに来てから日本のニュースを知るのは、時たま開... 続きを読む
    ホストマザーは造形家Elena es artista
     ホストマザーのエレーナさんはビジュアルアートを職業として、ウールを素材にアクセサリーや壁掛けを作っている。作品のブランド... 続きを読む
    3度目のホームステイは女3人暮らし
     今回の滞在中の姐さんの住まいは、「しらゆり会」のメンバーで探してくれたホームステイ。1週間ぐらいならホテルでもいいけど、... 続きを読む
    2年間の空白がウソみたい
     ブエノスに到着した夜からお稽古をはじめる。まずセントロの若手グループ「しらゆり会」のお稽古。このグループが10周年記念発... 続きを読む
    やっぱりおいしいペヘレイ
     土曜日の夜の今夜は夫の駐在員時代の同僚のKさんのお宅に招待された。冷や奴、白和え、煮物、酢の物、みそ汁など日本食が食卓い... 続きを読む
    “mas mas”のおねだり(?)
     アルゼンチンの国際空港、エセイサには予定通り現地時間の5月14日午前10時45分(日本時間15日午後10時45分)に到着... 続きを読む
    ワインも飲めるし、機内食に不満なし
     今回で日本とブエノスの往復は6回目。アップグレイドや日本企業の管理職という夫の立場のおかげで、ほとんどビジネスクラスで往... 続きを読む
    フライトソックスの威力
     体力が落ちているな、と日々実感している姐さん。降圧剤アムロジンを飲んでいる身でもある。30時間近いフライトでこれまで以上... 続きを読む
    再びアルゼンチン!
     2010年の前半は放射線治療がはじまり、3ヵ月間毎日東大病院に通いくたばっていた姐さん。まさか、まさか再びアルゼンチンの... 続きを読む
    癌治療3 担当医師3名、麻酔医すべて女性
      姐さんの担当医師はラッキーなことに女医さん。H医師を含め手術を行う4人のうち3人の医師さらに、麻酔医もみんな女性。姐さ... 続きを読む
    上野公園で最初に咲いた桜
     通院には毎日、浅草から上野まで地下鉄で、そこからは運動と気分転換ために、上野公園内を散歩しながら、徒歩で国立T大学病院に... 続きを読む
    癌治療2 放射線治療の副作用
     約3ヵ月に及んだ放射線治療もやっと終了しました。姐さんの場合は高エネルギーX線照射が25回、電子線照射が5回。痛くも痒く... 続きを読む
    癌治療1 手術そして放射線治療
      久し振りの投稿です。実は姐さんはアルゼンチンから帰国し、浅草・吾妻橋近くの賃貸住宅に落ち着く間もなく、乳癌の宣告を受け... 続きを読む
    隅田川花火大会7 若い女性のほとんどは髪飾りを
     久し振りの日本で花火の始まる前、カメラを持って若い女性のゆかた姿を存分watchingした姐さんです。多くの女性がワンポ... 続きを読む
    隅田川花火大会6 祭り気分?
     花火見学のほとんどは若者。お面をしょって、ほとんど祭り気分ということで、早々ビールを飲み、まだまだ花火が打ち上げるまで5... 続きを読む
    隅田川花火大会5 ビルや家の屋上は観覧席に
     昼過ぎから花火会場近くの家やビルの屋上は、観覧席(宴会場?)の準備にバタバタと人が立ち働いていました。提灯が下がるとグッ... 続きを読む
    隅田川花火大会4 第2会場の花火は迫力満点
     第2会場の花火は、第1会場の花火よりも迫力があったように思います。昨日は朝から風が強く、夜もその風が収まらなかったせいか... 続きを読む
    隅田川花火大会3 第1会場の花火は上品に、艶やかに
     午後7時、隅田川花火大会がスタートしました。横浜でひとり暮らしをしているお姑さんを招待し、夜風に包まれながら住まいのバル... 続きを読む
    隅田川花火大会2 まず登場したのは屋台
     花火の会場近くは、意表をついたデザイン、別名「ウ×コビル」で有名なビール会社のお膝元。この日昼過ぎから姐さんの住まいの周... 続きを読む
    隅田川花火大会1 東京は晴れて早朝には艀が
     6月末にブエノスから日本に帰国した姐さん。帰国後は大汗をかきながら、東京での住居探しに奔走した日々でしたが、ブエノスから... 続きを読む
    セルバのこと(4)セルバの家の2階
     セルバ(58歳)は夫のファンさん、長女のFabianaファビアナさん、次女のKarinaカリーナさんと彼女の夫、そして孫... 続きを読む
    セルバのこと(3)兄弟姉妹が協力し合えば、それだけ豊かになれる
     セルバ(画像右から3人目)は、アルゼンチンのフフイ州とサルタ州に隣接した、スペイン人入植の古い州、サンチャゴ・デル・エス... 続きを読む
    セルバのこと(2)セルバは違う出入り口を使用
     セルバとの長いつき合いで、姐さんがちょっと悲しくなったことがあります。それは、ポルテーロ(アパートの受付人、管理人)から... 続きを読む
    家事のプロフェッショナル、セルバのこと(1)
     姐さんのアルゼンチン生活を語るうえで欠かせない人、それはメイドのselvaセルバさんです。セルバは、夫がJICAボランテ... 続きを読む
    大きなハート型の植木
     ■Un arbusto con forma de un gran corazón... 続きを読む
    「卒業感謝式」謝恩会の料理は、みんなの持ち寄り
     お弟子さん全員の踊りが終わり、次は姐さんからのサプライズ。サプライズの内容は、だれも想像のつかなかったと思います。姐さん... 続きを読む
    移住47年、花屋さん一筋で生き、趣味は庭作り
     写真を見せてもらったときから、一度訪ねてみたかった<しらゆり会>リーダーのマルセラさんのおじさんのお庭。おじさんの名前は... 続きを読む
    難しい、難しいと言いながらも「団子売り」
     あんずの会のベテランのアルバとソフィアは、義大夫の「団子売り」を披露してくれました。この音も市販されていなくて、姐さんは... 続きを読む
    歴史を感じる幕の操作
     「修了感謝式」が行われた中城(なかぐすく)村人会館は、今から約20年ほど前、文字通り沖縄県中城地方出身の方々の尽力で、購... 続きを読む
    引越作業。1時間したら休憩
     アルゼンチンから日本への引越荷物のほとんどは船便です。到着までに3ヵ月はかかりますが、飛行機はとても高くて使えません。数... 続きを読む
    アルゼンチン初、セリフ入りの踊り
     「もうし おふたりさん おなごを とらえて……」会場にアンドレアのセリフが響き渡りました。「修了感謝式」では、アンドレア... 続きを読む
    手作り獅子での「連獅子」
     「修了感謝式」では、<しらゆり会>のマルセラとあけみちゃんは「連獅子」を見事に踊りました。5月半ばに行われた発表会後の1... 続きを読む
    送別会の代わりに
     6月のある祝日。市内のお弟子さん<あんずの会>と<しらゆり会>のみんなが、「送別会」を催してくれました。「送別会」とは何... 続きを読む
    花瓶がなくとも……
     姐さんたちは今月末には日本へ帰国するので、家具のほとんどはもう船の中。花瓶もそうです。でもお弟子さんからよくお花をいただ... 続きを読む
    マルセラの奈良漬け
     キムチやヌカ漬けを食べることはあっても、アルゼンチンで奈良漬けを食べたのははじめてです。マルセラが持ってきてくれた一品で... 続きを読む
    あけみちゃんのタケノコのピクルス
     ミショネス州にある移住地出身のあけみちゃん。今はブエノス市内の大学に通うため、寮生活です。料理とは無縁な感じのあけみちゃ... 続きを読む
    きくちゃんの生春巻き
     夫の還暦祝いのために作ってきてくれた料理を紹介すると、きくちゃんの生春巻き。蟹かま、アボカド、サラダ菜、ニンジン、キュウ... 続きを読む
    「娘」たちが夫の還暦祝いを
     1ヵ月遅れでしたが、しらゆり会の娘たちが、お稽古の日に夫の還暦祝いをしてくれました。料理やケーキを持ち寄り、赤いちゃんち... 続きを読む
    こんなに娘がいたら……
     2週間前の土曜日は、夫の会社の方を招待してホームパーティを久し振りにしました。姐さんはがんばって、15種類ほどの料理をし... 続きを読む
    Janas Brothersの追っかけ
     Janas Brothersがコンサート会場に向かうときも、それは、それは大歓声でした。警察のバイクに先導しての物々しい... 続きを読む
    一晩中騒がれたJanas Brothers登場で
     姐さんの住んでいるアパートの隣はフォーシーズンズホテルです。有名人がよく泊まるらしいですが、「キャーキャー」いう声が聞こ... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(33)舞台背景、裏話
     <しらゆり会>が作った桜の舞台背景。4枚で構成されていますが、発表会の前々日の金曜日に実際に舞台に飾ってみたら、1枚ずつ... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(32)大活躍の二世、三世の子ども達
     画像は開会のあいさつをするソフィアさんと司会のガブリエラさん(画像左)です。ガブリエラさんは<あんずの会>のメンバーであ... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(31)ボランティア主導から現地の人々へ
     姐さんはJICAボランティア日本舞踊指導者の3人目で、そしてこのプロジェクト最後のボランティアでした。初代ボランティアか... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(30)姐さんに「花を持たせて」くれました
     姐さんは今回踊ったすべての人に、指導しているわけではありません。JICAボランティアの活動が終わってからは、ブエノス市内... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(29)幸せへのお手伝い<桜絵巻>
     Ayuda para ser feliz最後のみんなの舞台姿、顔を見れば<あんずの会>、いや、アルゼンチンのタカラジェン... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(28)<桜絵巻>世紀の大スター誕生!
     <あんずの会>のみんなが全身全霊で踊った<桜絵巻>。みんな素晴らしかったけど、この人、ご隠居さん役のネリダさんの演技(?... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(27)<桜絵巻>賑やかに、そしてしっとりと
     花見の御輿が賑やかに通り、満開の見事な桜そして、散りゆく桜の風景を踊る大切な場面はソフィアさんがしっとりと踊りました。稽... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(26)<桜絵巻>人柄が舞踊に
     恩師水木歌峰先生振付の桜絵巻。アルゼンチンに着任する前日まで、先生にお稽古をつけていただいたこの踊りの大切な場面を、<あ... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(25)<桜絵巻>動から静への大事な場面
     幕開けは賑やかに、女性たちが桜の枝で戯れ、そして静の部分に入る橋渡し的場面は、トシコさんとジュンコさんのコンビが担当しま... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(24)トリを立派に務めたあんずの会<桜絵巻>
     最後の出し物トリを務めたのは、もちろん今回の実質的な主催団体の<あんず会>です。演目は<桜絵巻>。恩師水木歌峰先生の振付... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(23)故水谷徹FANA会長への想いを胸に<黒髪>
     Yo bailé KUROKAMI今回の発表会は、今年1月に急逝された在亜日系団体連合会(FANA)会長だった... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(22)姐さんは<黒髪>を舞う
     姐さんは今回の発表会で<黒髪>を舞わせていただきました。黒髪は日本舞踊の中では上方舞というジャンルに入り、能を基本にした... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(21)夫は立派な<男衆(おとこし)>
     Mi esposo es especialista OTOKOSHI姐さんも一指(ひとさし)踊らせていただきました。帯結... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(20)<花吹雪>ゾクっとする色気
     <寝てもさめても……>はアケミのソロです。姐さんのお稽古をはじめてまだ2年目ですが、すごい上達。6年、イヤ10年稽古をし... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(19)<花吹雪>山場に
     <花吹雪>のどんな場面も姐さんは好きです。だって自分で振り付けたんですから、嫌いなわけありません(笑)。そして、<伽羅の... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(18)<花吹雪>桜の木の下で心弾む
     桜の木の下で心弾む娘の場面は、マルセラとキクが踊りました。ふたりの息はぴったりで、楽しげな様子が伝わったと思います。... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(17)<花吹雪>出会い
     <花吹雪>は僭越ながら姐さんが振付させて頂きました。発表会では全員で踊れる踊りも一曲ほしい、と<しらゆり会>から言われて... 続きを読む
    第8回日本舞踊発表会(16)客席からため息、<花吹雪>
     <しらゆり会>最後の出し物は、姐さんの好きな大和楽<花吹雪>です。姐さんは舞台化粧、舞台衣装に身を固めていたので、客席が... 続きを読む

    隊員ブログの輪を広げよう!

    JICA隊員ブログ図書館にJICA隊員・隊員志望者・JICA関係者のブログ情報をお寄せください!

    自薦・他薦を問いませんので、ご自身、同期隊員、お気に入りの隊員ブログなど、ご存知の隊員ブログ情報をぜひお寄せください!

    >> JICA隊員ブログ情報の送信はこちらから <<

    ログイン

    隊員ブログの輪を広げよう!

    JICA隊員ブログ図書館にJICA隊員・関係者のブログ情報をお寄せください! >> 詳細

    JICA.INFOアクセス分布